ノートPCの修理してきました。

8月13日(月)に友人から、ノートPCの調子が悪いと相談を受けていて、とうとうそのPCがリカバリーも出来ない状態で、メーカーからは、HDDが悪いとの診断。
その修理として、概算で5万円だとか・・・。

そこで、私に再度相談があり、どうするか話しました。
私なら、HDDだけを取り替えると提案しました。
(どうせ、保障期間は過ぎているし自己責任でするならこの方がいいよね)

調査しましたら、純正のHDDは30Gですが、IODATA、BAFFALOなどを覗くとどうやら80Gまでは、換装できそうです。

早速、近くのパソコン工房で80GのHDDを7000円あまりで購入しノートPCの裏からHDDにアクセスして、HDDを交換。

パソコン:FMV NB8/90D
パソコン工房:http://www.pc-koubou.jp/
IODATA:http://www.iodata.co.jp/prod/storage/hdd/2006/hdn-h5/index.htm

BIOSから正常に80Gで認識してましたので、早速リカバリーCDからリカバリー開始。120Gを超えるとwindowsXP SP2が必要ですが、今回のインストールには、SP1で問題ありませんでした。

しばらくして、OSがリカバーして後はアプリケーションとネットの設定です。インターネットは、アドレスの設定は、ルーターが入っているので、「DHCP」で簡単です。

メールの設定は、プロバイダーの設定用紙から設定して、メールが送受信出来ているか確認して終了です。

でも、総作業時間:6時間余り

IODATAさんのHDD交換サービスでは、OSは入りません。
それで、14600円(HDD)+10000円(作業費)合計24600円
OSをリカバリーをお願いすると、さらに6000円
でも、インターネットの環境は、設定は出来ません。

取り出したHDDから、データをサルベージしようと試みたのですが、フォルダは見えるのでが、中身にはアクセスできず、遅延書き込みエラーは出てくるし、HDDのハードエラーの症状が出ておりました。

企業ならまだバックアップを考えますが、家庭ではHDDは潰れる前に「HDDは消耗品」と思って、定期的に交換するのが良いのでしょうね。

デスクトップでは、数百GのHDDが当たり前ですから、そんな大きなバックアップメディアと装置をそろえることを考えたら、HDDをミラーの構成にした方が、リーズナブルですね。

考えさせられた、一日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック