カシオネームランド KL-3600の修理

KL-3600の修理をします。

原因は、内蔵されているニッカド電池の劣化による容量不足です。

中を開けて、電池のシュリンクを剥がしてみました。
「-」の端子側に、温度ヒューズが付いているようです。

画像


今回も、秋月電子通商から、タブ付のニッケル水素電池を注文していたのでそれを使います。
「+」「-」を交互に接続していきます。くれぐれもショートしない様にします。
画像


できあがった、電池を念の為にテスターで電圧を確認します。
電圧がでているのを確認出来たら、自己融着テープで形にします。
画像


早速接続して、スイッチを入れますと問題なく使えます。
劣化した電池を使うと、印刷すると電圧降下を起こして使えなくなっていましたが今回は、大丈夫です。


タブ付電池
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gB-00969/

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 11

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック