カンボジア、アンコールワット旅行記 II

カンボジア、アンコールワット観光1日目の午後いよいよアンコールワットの見学です。
アンコールワットは、なぜ午後からの見学かと言うと理由が有って、アンコールワットの入り口は、西向きだからです。
午前中だと、逆光になり写真が上手く撮りづらいからです。

長い参道の両脇は、ナーガ(蛇神)が迎えてくれます。
画像


西塔門をくぐります。
画像


画像


広さが少しは伝わりますか?!
画像


北側の聖池からアンコールワットを望む
画像


アンコールワットのレリーフを見学します
此処も、「乳海撹拌」の絵物語が、表されています。
画像


画像


画像


画像


画像


画像


天井と同じ模様が描かれています。
画像

アンコールワットの天井は、木製で有った為今では現存していないそうです。(一部レプリカが見る事が出来ます)

その昔、日本人の名前の記載が残っている墨書
画像


第二回廊から、第三回廊を望む
画像


画像


画像


画像


画像


第二回廊からの第一回廊
画像


窓飾り、これも耳朶により形が違っていきます。
画像


デバダー(女官)像と花のレリーフも綺麗です。
画像


ここまでが、アンコールワットの画像となります。

夕日は、プレループに行っての夕日の鑑賞をします。
画像


大きな木に沈みゆく夕日がいかにも、カンボジアの夕日と言う雰囲気
画像


画像


アンコールワットの中身は、調べれば調べるほど奥が深く見落としたところも有る様なので、詳しく回りたいと思います。
次回行くときは、ゆっくりとアンコールワット博物館に先に行き、もう一度歴史と芸術を再認識したうえで回りたい所です。

1200年当初にこんな建築が作られたことが驚異です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カンボジア、アンコールワット旅行(まとめ)

    Excerpt: PVC(ページビューカウント)を見ていると結構アンコールワットのキーワードのアクセスが多い。 そこで、再度アンコールワットのまとめサイトを作る事にしました。 Weblog: YOSHIの日記 racked: 2013-09-22 10:28