アンコールワット旅行の持ち物

10数年ぶりの海外旅行。
特に今までは、会社での団体旅行だったので持ち物リストの様な栞付の旅行しか行った事が無い。
今回行ったのは、HISで2013年1月21日から1月25日までの5日間

そんな自分が、今回アンコールワットに行った時に持って行ったものを纏めました。

画像


パスポート

パスポートのコピー

旅行会社からもらった書類一式

今回はA4の航空券の領収書が入っていて、これで航空券がもらえます。(紛失すると航空券がもらえないと思います。)

空港税などは、今回HISですべて済んでいたので不要でした。

ツアーのガイドブック(私は、地球の歩き方を利用)

画像


筆記用具(入出国カードの記入に必要なので機内持ち込み必須)

査証は必要、私は自分でインターネットのeVISAで申請した。ネットで検索しながら手続しました。
タイから入ってきた人の話では、無しでも入れた?とか・・・

海外旅行保険。任意とは言え胃腸炎になる可能性もあるので、加入した方が良いと思います。

私の場合、一日当たり1000円程度の保険に入りました。
同じ便でカンボジアに入られた人は、急性胃腸炎になり病院に行き8万円の医療費がかかったが保険で支払ったと言っておられました。

US$、カンボジアでは、US$が有ればすべて支払がOK。(結局使った金額は3万円)

クレジットカード、「アンコールクッキー」と「免税店」だけで使用可能でした。

宿泊したホテル、リビエラアンコールホテル
http://www.angkorriviera.com/

ホテルにはドライヤーが有りました。

パジャマは必要。

ホテルには、ビーチサンダルがホテルの室内履きで用意してあった。スリッパは持って行った方がよいかも

ホテルは、エアコン完備。効きすぎる位

インターネットは部屋には有りません。ビジネスセンターで使える様でした。

電源は、日本のプラグが刺さりましたので、不便しなかった。

髭そり、電気シェーバーを日本で充電して持って行きました。

変圧器、私は必要有りませんでした。

コンセントは、日本のタイプが使える所が一つありました。

デジカメ、携帯orスマホ(使い方は注意してください。パケット通信料が高額になる場合が有ります。)

海外専用のWIFIルーターを借りるのも悪くないと思います。(ネットの無い生活も良いです)

デジカメ用充電器。携帯用充電器。

テーブルタップを持って行きました。(デジカメのバッテリーと携帯電話、パソコンの電源と重宝しました。)

デジカメ。私は一眼を持って行きましたが、ほぼ17-55mmでたりましたが、バンテアイ・スレイの東洋の美女だけは足りませんでした。
三脚、日の出撮影の為にだけ持って行きました。(日の出を見て、ホテルに帰ります。)

時計。ホテルのは使いませんでした。

涼しい時間帯の8時30分出発など朝が早いので安心できる目覚ましが有った方が良い。朝日と見るときは5時30分出発でした。

石鹸・シャンプーは、一応持って行ったが使わなかった。
日本と同じようにしたい、女性の方は持って行ってください。

歯ブラシは、持って行きました。
(ホテルの歯ブラシの中身は確認せず。)

気温、1月21日から25日までの真冬に行きましたが、連日30度超えの気温でした。
薄い長そでシャツでも過ごせますが、半そでのポロシャツ綿パンくらいが最適でした。(ただし車のエアコンは良く冷えます)

帽子は必須。

サングラスも必須

薬類:私は、医者から処方された薬と日焼け止め、整腸薬と風邪薬。場合によっては制汗剤(実際ビオフェルミンにお世話になりました)

虫よけスプレーは持って行きましたが、不要でした。

バンドエイド等は、お陰様で利用する事なく終わりましたが、持って行った方が良いと思います。

懐中電灯は、夜間出歩く方は必須。メインの道路は車やお店の明かりで明るいですが、一つ小さな道に入ると真っ暗です。

ウエストポーチ、ショルダーバッグ、リュック。バッグ類は、予備を持って行きました。おかげて重宝しましたよ。

英語に自信の無い方は、電子辞書。ただし、現地ガイドはまだしも「トゥクトゥク」の運転手が喋る事は出来ても辞書を見せてわかるかは不明。

ウェットティッシュは、有れば便利です。基本おしぼりは有りません。

トイレットペーパーを持って行ったのですが、持って行って良かったです。(紙質が違います。)

私が行った1月は乾季だったので要りませんでした。5月中旬から9月下旬の雨季は、カッパかポンチョのようなものが良いかも。

観光には、靴の方が良いと思います。遺跡の土は細かくて靴は汚れやすいのですが、サンダルだと足が砂だらけになります。
雨季は、濡れても良い靴を履いて下さい。

軍手は、要らないと思います。(必要と思われる人はご自由に)

飴やチョコレートを持って行かれる方もいらっしゃいます。

これで、遺跡での子供物売りを回避される方もいらっしゃいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • カンボジア、アンコールワット旅行(まとめ)

    Excerpt: PVC(ページビューカウント)を見ていると結構アンコールワットのキーワードのアクセスが多い。 そこで、再度アンコールワットのまとめサイトを作る事にしました。 Weblog: YOSHIの日記 racked: 2013-09-22 10:28