テーマ:アンコールワット

蓮?睡蓮でした

万博公園の日本庭園の蓮を撮影に行った時に、この花の事は良く分からずに撮影して、調べると睡蓮と分かりました。 Cambodiaのアンコールワットの手前の池に咲いていた花と同じです。(写真はお借りしました) 手前で群生しているのが睡蓮です。 お釈迦様の台座は蓮の花なので、ここでも蓮の花と喋っていたら、現地ガイドが「睡蓮」を言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログの輪、写真展2013

カンボジアのピース 「ブログの輪、写真展2013」した写真です。 これは、今年一月にカンボジアのアンコールワットに行った時、「ベンメリア」です。 「ベンメリア」は、カンボジアのアンコール・ワットの約40km東の森の中にある寺院。(車で1時間くらい走りました。) 修復して綺麗なアンコールワットと比較して、まだ崩れたままの姿…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アンコールワット旅行の持ち物

10数年ぶりの海外旅行。 特に今までは、会社での団体旅行だったので持ち物リストの様な栞付の旅行しか行った事が無い。 今回行ったのは、HISで2013年1月21日から1月25日までの5日間 そんな自分が、今回アンコールワットに行った時に持って行ったものを纏めました。 パスポート パスポートのコピー 旅行…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア、アンコールワット旅行記 IV

いよいよ、旅行記も最終です。 長々とお付き合い有難うございます。 最終日は、早朝にアンコールワットからの日の出を鑑賞して午前中がスラスランと東メボン、バンテアイ・スレイの遺跡めぐりの後昼食の後、写真は有りませんが、シェムリアップ市内の伝統工芸の職業訓練所アーチザン・アンコール(アンコールの職人達)、そのあと森本喜久男氏が取り組む…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

カンボジア、アンコールワット旅行記 II

カンボジア、アンコールワット観光1日目の午後いよいよアンコールワットの見学です。 アンコールワットは、なぜ午後からの見学かと言うと理由が有って、アンコールワットの入り口は、西向きだからです。 午前中だと、逆光になり写真が上手く撮りづらいからです。 長い参道の両脇は、ナーガ(蛇神)が迎えてくれます。 西塔門をくぐります…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

カンボジア、アンコールワット旅行記 Ⅰ

この度、勤続20年と言うことで5日の特別休暇が取得できると言う事で、アンコールワットの遺跡巡りをしてきました。 午前中、アンコール・ワットではなく、アンコール・トムと言う巨大遺跡を見る。 ここは、象のテラスとライ王のテラスまで含めて作られている。 アンコール・トムの遺跡のテラスは、ナーガ(蛇神)を引っ張る右に神々と左に阿…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

カンボジア、アンコールワット シェムリアップの街中

1月21日から25日まで、勤続の特別休暇でアンコールワットを見に行ってきました。 アンコールワットは、カンボジアのシェムりアップにあり、小さいながらも空港があり、私は関空からホーチミン経由でシェムリアップに入りました。 21日は、移動だけで丸一日掛かり、ホテルに着いたときは、真っ暗。(ホーチミンで6時間弱のトランジット) 空港…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more